含有量だけでなく吸収率も大事な葉酸サプリ

何かの製品を選ぶ際には、往々にして含有量がポイントになります。

特定の成分が多く入っているか否かを基準に、製品を選んでみる訳ですね。

それで葉酸サプリなども、やはり含有量が1つのポイントになってきます。

そのサプリの場合は、葉酸が多く含まれるか否かが1つの基準になるでしょう。

それゆえに人によっては、どれだけ多く葉酸が含まれるかにより、サプリを選んでいます。

しかし、実はそれは妥当でないとの意見もあるのです。

なぜなら、吸収度合いに関する違いがあるからです。

少なくとも葉酸サプリは、吸収率が統一されている訳ではありません。

それぞれ違いがあるのですね。

例えばある製品の場合は、モノグルタミンと呼ばれる葉酸が入っています。

それは他のタイプと違って、吸収率がやや高めなのですね。

その製品に含まれる葉酸の場合は、含有量自体は他の製品よりも少なめです。

しかし吸収率が高い数字ですから、少ない量でも十分に効果を発揮するとメーカーが考えている訳です。

つまり葉酸サプリは、単純に含有量だけでは比較が難しい訳です。

含有量と言うより、吸収率なども含めて、総合的な要素で各製品を比較するのが望ましいでしょう。

製品によってはお試し版などもありますので、有効活用すると良いですね。

合成と天然の葉酸サプリの違い

葉酸サプリに使用されている葉酸は、どれも同じだと思っていませんか。

実は葉酸には合成と天然があります。

妊婦が1日に必要な葉酸の量は400μgです。

成人200μgの2倍にもなります。

食事からだけでは摂取が難しいので、葉酸サプリからの摂取が推奨されています。

葉酸サプリには合成または天然の葉酸が使用されていますが、体への影響に違いはあるのでしょうか。

合成葉酸は石油から作られたものがあります。

妊娠中は口にするものに普段以上に気をつけていますよね。

石油から作られたものを口にするのは心配なはずです。

石油由来の合成葉酸を過剰に摂取すると、産まれてくる子供の喘息のリスクが高くなるといわれています。

食品由来の葉酸は普段食べている食品から製造されています。

野菜、果物、酵母が主に利用されます。

天然なので普段の食事のように体が利用できると考えられます。

天然の場合は原料が有機栽培だと安心できます。

合成と天然は原料を確認して見分けます。

合成の場合は「葉酸」と記載されています。

天然はほうれん草やブロッコリーなど食品の名前が記載されていて、「葉酸」という文字が見当たりません。

原料名は小さくて見にくいかもしれませんが、一つずつ名前を確認してみましょう。