妊娠したら葉酸サプリを飲みましょう!

”葉酸”妊娠したことのある女性なら一度は耳にしたことがあるはずです。

妊娠前から妊娠初期の頃には1日480μgの摂取が望ましいとされ、その量は妊娠していない時の約1.5倍なんです。

妊娠初期は、お腹の中で細胞分裂を繰り返し、赤ちゃんの脳や脊髄が形成される非常に重要な時期なのです。

この頃に葉酸が不足すると、胎児の脳や脊髄神経の障害リスクが高くなります。

ですので、妊娠がわかった時点で特に注意して葉酸を摂取する必要があります。

葉酸が多く含まれている食べ物といえば、有名なのが、レバーやほうれん草、ブロッコリー、イチゴなんかもそうですね。

しかし、食品は熱を通すと栄養価が減少してしまうと言われています。

イチゴならそのまま食べれますが、ほうれん草やレバーを生で食べるのは難しいですよね。

そこで、妊婦さんにおススメなのが葉酸のサプリメントです。

妊娠中でも安心して飲めるよう、無添加のものもたくさんありますし、妊娠時に不足しがちなカルシウムや鉄分も配合してあるサプリメントがほとんどです。

葉酸の摂取を特に心がけなくてはいけないのは妊娠初期ですが、妊娠中期から後期にかけて、さらに産後の授乳中にも必要な栄養素なので、まとめ買いしておいてもいいかもしれません。

葉酸サプリで手軽に必要な栄養素を摂取する

妊娠に欠かせない栄養素として葉酸があります。

葉酸とはほうれん草から発見された水溶性のビタミンB群の一種です。

細胞の生産を助け体の発育を促してくれるので、妊娠期の赤ちゃんに必要なものなのです。

妊娠初期の胎児の時期にこの葉酸が不足すると、先天性の疾患を招く危険性があると言われています。

授乳期の場合は発育が遅れてしまうこともあるようです。

では葉酸を不足なく摂取するにはどうしたら良いのでしょう?葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

しかし熱に弱いため調理の段階で、大切な栄養素が失われてしまうことが多いようです。

摂取する望ましい量は1日400μgで、ほうれん草でいえば約1把200gです。

少なくはありませんが、何とかなりそうな量です。

しかし毎回調理法に気を遣い、量を考えながら摂取するのはストレスになってしまいます。

そんな時に便利なのが、葉酸サプリです。

葉酸サプリのメリットはその手軽さです。

毎日決まった量を飲むだけで、必要な葉酸を摂取することが可能です。

ほとんどのサプリが葉酸の他にもカルシウムやミネラルを配合しているので、それらの栄養素を合わせて摂ることができます。

葉酸サプリはたくさんの種類が発売されています。

配合されている栄養素や金額など、自分に合った葉酸サプリを見つけることが大切です。

健康な児の誕生を願って葉酸サプリ

以前、栄養士が開催した講演会で、日本の成人病胎児発症説研究の第一人者である早稲田大学理工学術院総合研究所教授、福岡秀興先生の講演をお聞きしたことがあります。

その時、妊娠中全般に渡り、葉酸やビタミンB群、ビタミンDが胎児の遺伝子の働きにとって非常に大切だというお話を聞きました。

妊婦さんやこれから妊娠を希望される方々は聞いたことがあると思いますが、妊娠した時に葉酸が不足していると、二分脊椎症や無脳症などの先天異常の発現リスクが高くなるということです。

そのためには葉酸は1日400μg必要ということでした。

(ほうれん草で摂るなら、200g程度=スーパー等でビニール袋で販売されている量ほど。

)効率良く摂るために、葉酸サプリから摂取することをお話しされました。

サプリにも様々な種類があり、安全性等に不安があるため、選び方について質問したところ、通常薬局等で販売されているものなら安心なので、勧める種類はない。

とにかく必要量で過剰にならないように摂取すれば良いとお答えいただきました。

過剰になると喘息などのアレルギーを引き起こすリスクが高くなるとのことでした。

ちなみに、現在妊活中の私はこのようなお話を聞いたにも関わらず、栄養はできるだけ食品から摂りたいと思い、毎朝葉酸を多く含む野菜を使用したグリーンスムージーを500ml飲んでいましたが、3週目にはその独特な青臭さにギブアップ。

今はスムージーは数日おきで、毎日サプリの力を借りています。